父の日のプレゼント

6月第三日曜日は父の日

母の日は5月の第二日曜日、そして父の日も翌月の第二日曜日かと思いきや、第三日曜日となっています。これは父の日の由来にちなんで決定しています。

父の日の由来

父の日は、アメリカではじめられました。

 

アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドットさんの父、ウィリアム・ジャクソン・スマートさんが妻が亡くなった後、ドットさんたち6人の子供を育て上げました。父に感謝していた子供が母の日のように父さんにも感謝する日を作るべきだと提唱したのがはじまりです。

 

その時に定められた父の日は6月19日(第三日曜日)。1909年のことでした。
これにならい全米各地へと広まった父の日は1972年にアメリカでは正式な祝日となりました。

 

日本で父の日が一般的になったのは1980年代。それまでは母の日だけでしたから、ある程度の年齢以上の人には「父の日」と言われてもピンとこない人が多いようです。

 

父の日に贈る花は?

母の日といえばカーネーションが定番ですが、父の日に贈る花はなんでしょうか?

 

意外かもしれませんが、正解はバラ。男の人に薔薇を贈るというのは日本ではあまりなじみがないかもしれませんね。そもそも男性に花を贈るということすらあまりないように思います。

 

実際には父に花を贈るというよりは、ハンカチやネクタイ、お酒、財布、靴下などの小物がよく父の日のプレゼントとして贈られているようです。

スポンサーリンク