ランドセル2011

ランドセル2011の人気色

 

6年間お世話になる、小学生の象徴「ランドセル」。毎年色々な色、形のものが出ていますね。私の頃なんて男の子は黒、女の子は赤しかなく、形も普通のものばかりで、肩が凝らないようなデザインなどありませんでした。でも近年は色も豊富で、小学生の身体のことをしっかり考えられたデザインになっていますね。ではここで、ランドセルの多彩な色をご紹介します。まずは昔からの定番色「赤」「黒」ですね。さらに似た色で「ピンク」「紺」「緑」などがあります。他には「紫」「オレンジ」「茶色」、奇抜な色には「黄色」や「スカイブルー」「タータンチェック柄」なんてものもあります。色だけではなく、横型のものもあります。ライトベージュで大人でも使えそうなおしゃれバッグ風のものもありますよね。本当に色々な色、形のランドセルが発売されています。カラーランドセルも個性を尊重するものとなってきました。ただし、一つだけ注意して欲しいことは、本当にその色で6年間飽きずにいられるかということを子供に説くことです。カラーランドセルを選んでも安易にすぐ買わず、子供にしばらく良く考えさせ、それでも欲しい!というのでしたら改めて購入しましょう。
カラーランドセルの心配

 

近年多彩な色のランドセルが発売されていますが、一番気になるところは、「いじめ」ですね。
私たち赤黒が主流だった世代からしてみれば、奇抜なカラーランドセルはいじめの対象になってしまうのではないかと心配になります。

 

実際のところはどうなのでしょう?やはり今でも赤と黒が多いということではありますが、中にはちらほらとカラーランドセルの子供たちがいるという現状です。
ではカラーランドセルへのいじめは、というと、あまり心配するようなことはないようで、逆に周りの子たちからは「自分も本当に好きな色のものを選べばよかった」と羨ましがられたりするようです。

 

むしろ逆に、カラーランドセルによる利点も多く、地域の人にすぐ顔を覚えてもらえたり、遠くからも我が子を見つけやすい、などがあるようです。
実際に奇抜な色の子はあまりいないようですが、赤黒に近い色の青や緑やピンクくらいなら今はもう定番の内なのです。

 

いじめを心配するあまり、カラーランドセルをかたくなに反対するより、子供が本当に欲しがる色を選んであげてもいい時代なのかもしれませんね。
ランドセル2011 デザイン

 

最近では色々な色、形のものがあるランドセル。昔の定番ランドセルに比べると、成長期の子供の身体のこともしっかり考えられたデザインになっています。
まずは肩部分ですね。ぴょんぴょん跳ねたり走ってもズレにくく、肩にフィットするものがあります。従来のような普通の肩ヒモベルトでは、ちょうど首から背中にかけてが開いてしまい、走るとランドセルがガタガタ左右上下に揺れてしまいます。

 

近年のデザインは肩のラインに沿って形が崩れないようになっているのでぴったりフィットし、背中に空間ができません。
背中と一体になり、走っても飛んでもズレにくく子供の身体にも負担が少なくなっています。肩ヒモにも秘密があり、従来のような硬いものではなく、やわらかく丈夫な樹脂などが使われ、それぞれの子供の身体に合わせて変形しやすくなっています。

 

背中部分にもこだわりがあり、クッション入りのものがあります。
真っ平らですとランドセルはナナメになってしまい背負いにくいのですが、背中の形に合わせたクッションが入っていることでランドセルが身体に対してまっすぐになります。

 

色々と子供の身体のことを考えて作られたランドセル。小学生は一番身体を作る大事な時期ですので機能性のこともしっかり考えて選びましょう!
激安・リサイクル|ランドセルやミニチュアまで

 

特にお子様の多いご家庭では少々値打ち物。小学生が何人も重なった時期はランドセルの購入は大きな出費ですね。
ネット通販などで探すと激安ランドセルを見つけることができます。

 

ランドセルの相場は大体¥30000〜¥50000位ですが、ネット通販やネットオークションで探すと、1番安くて¥6980位からあります。
オークションになりますと、¥1スタートなどもありますので要チェックです!

 

また、リサイクル品を見つけるのも手ですね。あまりにもボロボロのものは6年間もたず、結局購入しなくてはならなくなってしまうので状態の良いものを吟味しましょう。
カラーランドセルを購入したはいいけど、子供が飽きてしまい買い替え、リサイクル販売している方などもいますので狙い目だと思います。

 

また、去年モデルやそのまたさらに古いものですと、新品ですがかなり激安となります。¥10000前後で購入できるのでチェックです!ランドセル、それは小学生の象徴。小学生時代の思い出の品。しかし!大切な思い出の品とはいえ、保管しておくには大きく、幅を取りますね。私もずっと思い出のランドセルを保管していましたが、だんだん置く場所にも困り、押入れの奥深くに追いやられてしまいました。
気が付いたときにはカビが生えてしまい、結局捨てることとなりました。せっかくの思い出もカビが生えてしまったら意味がありませんね。

 

そこで!使い終わったランドセルを使ってミニチュアにしてくれるところがあります。
自分が使っていたデザインをそっくりそのまま小さくしてくれます。小さいので保管もお手入れも簡単!小さな人形ケースにちゃんと保管しながら飾れば、カビも生えず永久保存できます。送料なども込みでだいたい¥10000前後が相場ですので、卒業の思い出にいかがでしょうか?

スポンサーリンク