コトリンゴ

コトリンゴのこんにちは またあした

コトリンゴのデビュー曲は、「こんにちは またあした」でした。

 

2006年11月にデビューした時の曲です。「kotringo」は、日本のシンガーソングライターで、本名は三吉里絵子さんです。「こんにちは またあした」でデビューした、三吉里絵子さんは、2003年にバークリー音楽大学の、ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科専攻で学位取得しています。

 

2006年3月に、ラジオ番組のJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディション宛にデモテープを送りました。この三吉里絵子さんのデモテープが、坂本龍一さんの耳にとまりました。これがきっかけで、三吉里絵子さんはコトリンゴの名前で「こんにちは またあした」でデビューすることになりました。

 

「kotringo」の名前の由来は、三吉里絵子さんが、大好きで毎日食べていた“りんご”と好きな動物の“小鳥”をあわせて、コトリンゴと命名しました。また、使っていたパソコンがMacだったため、という設もあります、なんで!Macとコトリンゴのどこに接点があるか、と思いますか? 
Macのブランドマークは“りんご”ですから。「こんにちは またあした」もMacで作ったのでしょうか。

 

コトリンゴのCM

 

コトリンゴの「こんにちは またあした」は、CMソングとして、皆さんも聞いたことがあると思います。「こんにちは またあした」が、流れているCMは、月桂冠「つき」のCMです。「つき」は月桂冠から発売されている、ソフトタイプのお酒のシリーズです。

 

坂本龍一さんの、J-WAVE「RADIO SAKAMOTO」の、オーデションコーナーに送った曲がきっかけで、デビューすることになったコトリンゴです。坂本龍一さんの、“プロデュース”でデビューした芸能人は、他にも、坂本美雨さんや中谷美紀さんもいます。

 

コトリンゴのブログページには、近況がいろいろ書かれていますよ。
「LLP 10°」には、ココリンゴの公式ページがあります。
「こんにちは またあした」を、月桂冠の「つき」のCMソングで聞きいて、コトリンゴの他の曲が聞きたいと思った人には新曲「おいでよ」が無料試聴出来ます。

 

「こんにちは またあした」の月桂冠「つき」のCM曲とは違った、コトリンゴの世界が味わえるかもしれませんよ。

スポンサーリンク