秋の花粉情報

 

秋の花粉はいつ飛散するの?

 

春の花粉に比べ情報が少ない秋の花粉。関東では例年8月後半から飛散が始まり9月中旬から後半がピークとなり、10月後半にはおさまる場合が多いようです。
花粉症というとスギやヒノキなど春で木の花粉というイメージが強いですが、秋に飛散する花粉はブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど草の花粉が大半です。

 

秋の花粉情報はどこで確認?

 

春のスギ花粉はテレビの天気予報でも紹介されるほど飛散情報がポピュラーですが、秋の花粉情報はいかがなものでしょうか?
残念ながらスギやヒノキほど秋の花粉情報は手に入りにくいのが実態です。毎日のタイムリーな情報は手に入りづらいですが、例年の花粉飛散の実績を発表している自治体や団体のホームページがありますので、そこで秋の花粉飛散パターン情報を手に入れるのが無難なようです。

 

花粉を避けるために

 

秋の花粉ピークになる9月は花粉の飛散するような場所に近寄らないのが一番。秋の花粉の特徴は「木ではなく草」であること。木に比べ花粉が発生する場所が低く、飛散距離が狭いのが特徴なのです。
この情報からわかるのは強風でない限り、あまり遠くまで花粉の飛散はないので、発生源の草に近づかないように気を付ければ花粉症が防げる可能性が高いということです。ですからブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど秋の花粉が発生する草むらなどには近づかないようにするのが一番大事でしょう。

 

 

そのほか、秋になると恋しくなるニット素材の服にも注意が必要です。繊維の間に花粉が入り込みやすいため、秋の花粉が発生している場所から花粉を持ち帰ってしまう可能性が高いのです。花粉を避ける服装の情報についてはスギ等の春花粉の情報とほぼ同じなので、サングラスやマスク、日常の生活での注意方法はほぼ同じと思ってもらって間違いありません。

 

秋なのに木の花粉?

 

秋にもスギ花粉が飛ぶことを知っていますか?秋に桜が間違って咲いてしまうニュースがたまにありますが、これは木が季節を勘違いしてしまうことが原因で、スギでも同様の間違いが起こります。
情報が出るほどではありませんが、敏感なスギ花粉症の人は秋に花粉症を発症してしまう場合があるのです。鼻かぜかと思ったら秋花粉の花粉症だけでなくスギ花粉症も疑わなければいけないのです。

 

スポンサーリンク