ゲリラ雷雨対策

ゲリラ雷雨の被害と対策

 

ゲリラ雷雨の対策はどうしますか? て聞かれても困りますよねー。
先日も福岡都市圏の春日市でのゲリラ雷雨の状況が報道特別番組で放映されていましたが、怖いですねー。雨が降り出して10分余りで道路に雨水が溢れ出すんですから。福岡都市圏の被害地区の住民の中には、ゲリラ雷雨の継続時間が10分程度になったら、避難準備対策をとると言っていた人がいましたね。

 

 

都市部のゲリラ雷雨被害では、近所の小さな水路が、突然溢れ出すから怖いですよねー。各都市で、ゲリラ雷雨が原因で、床上や床下浸水の被害が多くなっているようです。ゲリラ雷雨被害への対策では、近所の水路の水位の上がり具合を調べて、早急に水害対策や非難行動に移る必要があるようです。
広範囲な雷雨には耐えられる水路も、比較的狭い範囲のゲリラ雷雨対策には、ソフト的にもハード的にも対応していないのが現状のようです。
ゲリラ雷雨の対策とサービス

 

ゲリラ雷雨対策については、最近頻繁に発生するようになった、水の被害に対しての対策検討が進められているようです。
しかし、ゲリラ雷雨の予想も難しく、対策もどういう方法をとれば良いか試行錯誤の段階です。また、ここ数年は、過去のデータとの食い違いもあって、天気予報の制度も下がっているそうです。ゲリラ雷雨も今までにはなかったような気象現象なので、対策も難しいのだと思います。面白いサービスが始まりました。

 

ウェザーニュースでは携帯電話にメールで届く、「ゲリラ雷雨メール」という、突然の雷雨に対策としてのサービスを開始したそうです。雨雲を「ゲリラ雷雨防衛隊員」として登録している、会員と一緒に「感測」するシステムのようです。従来の気象予報等では難しい、局地的な積乱雲の発生や発達をとらえることができると期待されています。携帯向けのウェザーニュースの新サービスとして提供されるそうです。このサービスは、市町村単位で任意の場所を登録すると、ゲリラ雷雨発生の可能性がある場合は携帯電話にメールが届きます。豪雨に弱い都市部で働く人には、ゲリラ雷雨対策になるかもしれません。

スポンサーリンク