ゆうちょ 学資保険

ゆうちょの学資保険とは?

 

ゆうちょこと郵便局の学資保険とは、子供の将来のための教育資金ての貯蓄を目的とした保険です。ゆうちょの学資保険は、郵政民営化にともなって、今ではかんぽ生命が運営しています。名前も「新学資保険」になりました。「新学資保険」の内容は、基本的には郵便局時代と同じものです。ゆうちょの学資の保険契約年齢(契約者)は、男性18〜55歳、女性16〜55歳と結婚ができる年齢からのスタート。契約年齢(被保険者)、こどもの年齢は、0〜12歳で、保険金額は50〜700万円。具体的には、15歳満期・18歳満期・生存保険金付18歳満期・生存保険金付22歳満期の4パターン。生存保険金付にすると、満期前の12歳・15歳・18歳などに保険金が受け取れることとなります。

 

ゆうちょの学資保険のメリット

 

郵便局の学資保険のメリットとしては、まず、15歳、18歳、22歳のように教育費が必要な時期に合わせて満期を選ぶことができます。そして、特約を付けることで手術や傷害、入院に対しても保険料が給付されます。ゆうちょの学資保険では、これらの特約を安く付けることができます。さらに、契約者が亡くなった場合、支払い期間途中であっても満額扱いになります。ゆうちょの学資保険の支払方法は二通りあります。毎月型と前納型です。前納型では、3ヶ月以上分を前納すると支払いの年月数に応じて割引が適用されます。毎月の場合、ぱるるや銀行の口座引き落としにすると、1.5%の割引が適用されます。

 

ゆうちょの学資保険のデメリット

 

ゆうちょの学資保険は、生命保険や医療保険など、教育資金の積み立てと共に保険の意味合いも強いため、元本割れしています。また、最近の株式の下落で、ゆうちょの学資保険の運用率も下がっています。そして、ゆうちょの学資保険の最大のデメリットは、郵便局の民営化にともなって、政府の保証がなくなったことです。民営化以前に加入したゆうちょの学資保険については、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構が管理していて、政府保証および保険の内容も郵便局時代のものが引き継がれています。しかし、郵便局の民営化後は、ゆうちょの学資保険に政府保証はなくなりました。ゆうちょの学資保険は資産規模が大きいので、急になくなるという心配は確かにありません。しかし、民営化された今、ゆうちょだから安心とは言えなくなりました。

スポンサーリンク