はねトび 悲愴感

はねトびより悲愴感デビュー!

フジテレビの大人気バラエティ番組「はねるのトびら」(通称はねトび)より、新たなユニットが誕生しました。その名も「悲愴感」です。悲愴感は、人気おバカトリオ・羞恥心をパロディ化したユニットで、鈴木拓(ドランクドラゴン)、山本博(ロバート)のはねトびレギュラーメンバーの2人と、田中卓志(アンガールズ)の3人で結成されたユニットです。不思議なことに、はねトびレギュラーではないアンガールズの田中が、この悲愴感のリーダーを務めています。悲愴感が結成したきっかけは、はねトびのコーナーである「ぬるま湯温泉」内で3人が共演したことから始まりました。以前からプライベートでも仲の良かったという3人は、この共演をきっかけにこの新ユニット「悲愴感」を結成することとなったのです。

 

悲愴感のデビューイベント

はねトび発の悲愴感CDデビューイベントが8月27日に、池袋サンシャインにて行なわれました。他のはねトびメンバーからは冷たい視線を受けていたにもかかわらず、なんとこの悲愴感のCDデビューイベントに2000人ものファンが詰め掛け、会場は大騒ぎとなりました。悲愴感の三人は、羞恥心さながらの衣装でデビュー曲「悲愴感」を歌い上げ、お決まりの「土下座」という決めポーズをしてそのライブを閉めました。イベント終了後の会見でも「俺らなんかのためにすいません」と、三人は終始悲愴感を漂わせていました。またはねトび内では、早くも悲愴感の2ndシングル候補として「寄生虫」というタイトルが上がっており、今後の彼らの活躍にますます期待が高まります。

スポンサーリンク