神宮球場 開門時間

神宮球場の開門時間は?

神宮球場のナイターの開門時間は、基本は4時半前後です。
週末など入場待ちの列が長くなったりした場合は開門時間を1時間ほど早めることもあります。

 

天候による開門時間の遅れはまれです。神宮球場の開門時間は、当日大学野球の試合の有無によってかなり左右されます。
大学野球がある時は、開門時間が遅れることがしょっちゅうあります。
東京ドームの開門時間は3時半ですが、神宮球場の開門時間は毎回、試合当日の状況で決定されるのて、決められた開門時間はない、というのが答えです

なぜ神宮球場の開門時間はよく遅れるのか?

神宮球場 開門時間

神宮球場は東京ヤクルトスワローズの本拠地ですが、六大学野球や都市対抗野球などの開催地でもあります。
週末には、神宮球場では学生野球や社会人野球などのアマの試合が日中に多く行なわれています。

 

毎年、春と秋は大学野球の試合が、夏は高校野球の試合がプロ野球の試合が同じ日に行なわれる併用日が多く、午前11時に大学野球が開始して2試合の後にプロ野球という、神宮球場で1日3試合なんてことはたびたびあります。

 

このため、大学野球の試合が延びると、当然プロ野球の開門時間は遅れます。
プロ野球の試合が20分ほど遅れて開始することも1年に1度はあります


大学野球の試合が延長した時の開門時間はどうするの?

大学野球の試合展開が早ければ、神宮球場の開門時間は予定通り4時半に開門できますが、たいてい待たされます。
ただし、阪神・巨人戦で入場待ちの列が長くなっている場合は、大学野球の試合がまだ終わっていなくても、5時を過ぎると外野の入場ゲートを開門することが多いです。この場合は大学野球も見れて、ちょっとお得ですね。

スポンサーリンク